リフォームの予算

工事内容次第で補助金を受けて施工

何かと予算がオーバーしがちなのがリフォーム工事です。しかし工事の内容次第では施工の費用の一部を補助金として還元を受けることが可能な工事もあります。そのため事前に補助金を受けることができる施工情報を知っておくのも有用です。 近年需要が急増している、バリアフリー工事も補助金で多くのリフォーム費用を補填することができます。バリアフリー工事は補助金上限額が18万円と定められていますが、介護保険によって9割支払われます。給付が1回のみですが、住宅が変わるなど条件を満たせば再び受けられます。 また住宅エコポイント制度も金銭ではありませんが、物品という形での補助を受けることができ、断熱リフォームなどの際に補助を受けられます。

空き部屋も収納へリフォーム可能

子供が就職で巣立ったり、家族が転勤でしばらく居なくなったりと様々な理由で空き部屋が生じることがあります。そのような空き部屋が多くのケースに置いて物置になっています。しかし単に物置として使っても、元は居住スペースであるため、使い勝手はよくありません。 そこで収納リフォームを空き部屋で行う工夫によって、さらに空き部屋をうまく活用することが出来ます。例えばウォークインクローゼットを設けたり、クローゼットパーツと洗面台を組み合わせて、ドレッシングルームにすることも収納リフォームで行えます。 また玄関の近くの部屋の空き部屋ならば、クローク収納ができるようにしたり、思い切ってシューズクローゼットを設ける工夫もできます。

Copyright © 2015 ピースフルな暮らしのために必要なリフォーム. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com