騒音を防ぐ

これまでの歴史や変遷

騒音ほど不快なものはありません。同じ音でも、心地よい音と不快音と感じる個人差は大きく、さらに我慢できる音か我慢できない音かというのもあります。 コンサートホールのように音響効果をしっかり考えた設備には、外に漏れないような防音工事も当然行われていますが、一般家庭にはそのようなものがありませんでした。 音を吸収する素材がないと、隣りの部屋の音がまる聞こえになります。 家賃の安い借部屋なら我慢もできますが、都会では購入したマンションだと近所迷惑のクレームが大きな事件に発展することもあります。 そのため、ピアノなどの弦楽器を教えている家、遅くに練習したい家は1室だけ既成の部屋の内側に防音室つくる要領で防音工事が行われるようになりました。

今後の動向についての予測

勤務時間の幅が広くなり、昼夜が逆の生活をしている人もいます。演奏する本人には気分転換でも、寝ようとしている時間に騒音が定期的に流れてくれば不快で眠れません。 近所への音もれの気兼ねをしながら、ひっそり生活するのもストレスです。 精神科に通う人が増えているのも、こうした生活環境も影響します。 こどものいる家庭では、ただでさえ、育児のストレスがあるのに、さらにご近所に気を使うことで、ノイローゼになる人もいます。たしかに習いはじめのピアノの音は、演奏がへたですから騒音になりかねません。 防音工事が、建物を建てる時ではなく、すでに購入したマンションでさえ導入できるようになって、20年以上がたちますが、材質もよくなりフレキシビリティも高くなっています。 こうした傾向は増えても減らないことが予想され防音工事のニーズは高まることが予想されます。

Copyright © 2015 ピースフルな暮らしのために必要なリフォーム. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com